運用期間はどれくらい必要?

老後のための資金について考えよう

老後のために資金を貯めたいと思っているものの、銀行預金はすぐに使ってしまうためなかなかたまらないという方も多くいるでしょう。そのような場合には、銀行預金を利用するのではなく、確定拠出年金を利用するのも1つの手です。個人型確定拠出年金であれば、主婦の方であっても利用することができるので、会社勤めではないため厚生年金が受け取ることができない方であっても、老後の資金をためることにつながります。

実際に個人型確定拠出年金を検討するときには、どのような特徴を持つ制度なのか理解するようにしましょう。契約したらそれで終わりと思わずに、将来のお金について考えるわけですから、長い目で計画を立てることを忘れてはいけません。


まずは始めてみることも大切

個人型確定拠出年金で気を付けなればならないポイントの1つが、どのくらいの運用期間が必要なのかということです。個人型確定拠出年金では、一定期間の運用期間がなければ、年金を受け取ることができません。運用期間が長ければ長いほど、将来的に年金として受け取れる額が増えます。少しでも多くの額を受け取りたいと考えているのであれば、早めに行動することも大切です。

個人型確定拠出年金について考えるうえで、運用機関のポイントとなるのが5年です。最低5年は加入していないと、年金を受け取れません。また加入する前に、運用期間を考えて、毎月どのくらいの年金が受け取れるのかシミュレーションを行うことも大切です。将来のお金に関する問題を考えたうえで、加入するようにしましょう。