イデコの手続きの流れ

まずは資料を取り寄せよう

個人型確定拠出年金は通称イデコといい、毎月掛け金を拠出して運用し60歳以上になったら年金や一時金の形で受け取ることができる私的な年金です。公的な年金と組み合わせることで、老後の生活をより豊かにすることが可能です。
イデコへの加入を検討している時は、まずは資料を取り寄せましょう。20歳以上のほぼすべての人が任意で加入できるイデコは、会社員や自営業などの属性によって申し込みの資料が異なります。イデコはひとつの金融機関で運用することになりますが、資料や申込書は複数の会社から取り寄せてもかまいません。
金融機関を決めたら必要事項を記入し、必要な書類を添えて申し込みます。毎月の掛け金は最低5千円から、上限は属性によって異なります。また年に1回掛け金は変更することが可能です。運用する金融商品は様々なプランがあるので慎重に選びましょう。


申し込む前に押さえておきたいこと

イデコは専用の口座を開設してから始めますが、開設できる専用の口座は1社のみです。運用する金融商品は定期預金や保険、投資信託などがあり、金融機関によって商品は異なります。口座管理料などの手数料も金融機関によって違うため、よく検討してから金融機関を選択しましょう。
また、イデコは60歳までおろすことができないため、無理のない掛け金を設定するのも大切なポイントになります。
運用する金融商品の中には、元本が保証されていないものもあります。金融商品は複数選択することができるので、いくつかの商品を組み合わせるなど慎重に選びましょう。
イデコは掛け金が全額所得控除の対象になるなど税制面でのメリットが大きいものです。上手に運用して将来に備えていきたいですね。