イデコにはどんなメリットがある?

税金の優遇措置が受けられるのでお得

イデコというのは、個人型確定拠出年金のことです。この制度を使えば、各種優遇措置が受けられるのでお得です。まず、掛け金は所得税の控除に使えます。自営業者の人なら年に80万ほど支払えますから、その分が所得税の控除に使えるというわけです。大きく課税所得を減らす効果があるので、これだけでも素晴らしい制度だと言えそうです。
税金の優遇措置を受けられるのは、お金を払うときだけではありません。利益が出たときにも、その利益に税金がかからなくなります。また、老後お金を受け取るときにも税金の優遇措置を受けることができるのです。普通の株と違って、イデコなら税金の発生はほとんどありません。ですから、リターンを最大限高めていくことができるのです。


本人死亡時には遺族が一時金を受け取れる

万が一本人が死亡してしまったとしても、掛け金が無駄になってしまうことがありません。資産は一時金として、手数料を抜かれたほぼ全額、遺族に支払われます。親や兄弟がいれば、その人たちに渡るというわけですね。ですから、生命保険のような特徴も持っているということになります。
万が一のことがあっても掛け金が無駄にならないのは素晴らしいメリットです。60歳になるまでお金を受け取ることができないシステムですから、それまでに死んでしまったらどうなるのかと不安に感じている人もいます。ですが、その点は安心していいというわけですね。60歳まで生きられなければ、資産は遺族が受け取ります。60歳まで生きられれば、資産は自分が受け取れます。