イデコはどんな制度なのか?

イデコの税制メリットとは?

イデコとは個人型確定拠出年金の事で、毎月の掛金を自分自身で運用しながら積み立て、60歳を過ぎてから年金または一時金として受け取るしくみです。
イデコでは、毎月の積立金額や運用するための金融商品、将来の受け取り方法などもすべて自分で決める事になります。
運用商品には定期預金や投資信託、保険商品などの様々な種類があり、どの商品をどういった割合で運用するかも個人の判断となります。
また、このイデコの最大の特徴として、税制面での非常に大きな優遇制度があります。
具体的には、毎月拠出する掛け金がすべて所得控除の対象になる点、運用による配当金などの運用益が非課税になる点、受け取り金が一定額まで非課税になる点などがそれに当たります。


上手なイデコの利用方法

税制上さまざまなメリットがあるイデコですが、従来型の確定給付型個人年金とは違い、60歳を超えるまでは途中解約が出来ない点、運用商品によっては元本割れの可能性がある点などは事前に知っておく必要があります。
ただ、従来型の確定給付型個人年金にはイデコ程の節税メリットはありませんので、自分自身のライフプランに合った金融商品を選び、毎月の掛金を無理のない金額にする事でこれらの問題は解決します。
いずれにしても、公的年金だけでは老後資金が不足するため、その不足分をどの様にして準備するのかという問題は誰もが抱えています。
そんな中で、投資により年金額を増やす事の出来る商品、リスクの無い安心感のある商品など、運用商品の選択肢が多いのもイデコの魅力と言えるでしょう。