なぜ資産運用に適しているのか?

限度額内なら全額所得税の控除に使える

個人型確定拠出年金の限度額は、人によって違っています。自営業者の方なら、年に80万円ほどが限度額になります。確定拠出年金に注ぎ込んだお金は、国民年金保険料と同じように全額所得税の控除に使えます。これは、非常に大きな節税効果があると言えますね。支払うべき所得税や住民税がダイレクトに減っていくので、非常にお得です。普通に株式を買うぐらいなら、まずは限度額まで確定拠出年金で株を買っていくのがベストでしょう。商品数も徐々に多くなってきて、選べる選択肢は増えてきました。人気のETFも揃っているので、投資先の商品にも迷うことは少ないでしょう。バランス型のファンドも見つけられますし、何も考えずに限度額までは投資をしても後悔はしにくいです。


税金がほとんどかからないので最高

普通に株式を購入して利益を出すと、その利益に税金がかかってきます。しかし、個人型確定拠出年金で得た利益に関しては、ほとんどが非課税になります。税金の優遇措置を受けられるというわけですね。これは大きなメリットになることでしょう。上手く立ち回れば、普通に株を買うよりも大きな資産を老後に残すことができます。ただ、デメリットもないわけではありません。いくら分散投資が効いているインデックスETFだと言っても、元本割れを起こしてしまう可能性はあります。また、手数料が毎月数百円かかるのもデメリットでしょうか。一度加入をすると解約ができないというのも、面倒な点です。しかし、総合的にはお得な制度で、自営業者でかつ個人投資に注目している人には最高のパートナーになりそうです。